インフルエンザB型が流行する周期

インフルエンザの型には、主にA型とB型とC型があります。
インフルエンザの型が流行しやすいのはA型になり、その次にB型が流行しやすいという特徴があります。
ただしB型はA型よりも感染の周期が低いインフルエンザの型になります。
それはA型が鳥などの動物がウイルスを運んでくるのに対して、B型は変異するまでに時間がかかるインフルエンザのためです。
そしてインフルエンザB型は人だけが感染する病気になります。
しかも一度インフルエンザB型に感染すると、数年間は免疫ができるためA型よりも流行の確立が低くなります。
このことからB型が流行する周期がA型より低くなり、一定の周期で流行することになります。
ただしインフルエンザB型もA型と同じように感染力の強い病気になります。
インフルエンザB型の症状として、風邪と区別がつきにくいことがあります。
春先に流行しやすく、発熱や咳や関節痛などが起こります。
これは他のインフルエンザの型と同じような症状になりますが、B型は他のインフルエンザと異なり春先に流行することが多いです。
インフルエンザB型に感染した場合、他のインフルエンザと同じように抗生物質を服用することになります。
この場合、授乳している母親にも必要ですが、タミフル授乳をする時に心配する方もいます。
しかしタミフル授乳は止める必要はなく、インフルエンザを治すためには服用することが大切になります。
タミフル授乳によって、母乳を介して乳児に影響することはありません。
この医薬品は1歳未満の子供に対して、安全性が確認されていなだけで、母乳を介して乳児に影響がでることはありません。
他の人にインフルエンザを感染させないためにも、治すことが先決になります。
インフルエンザ B型には一定の流行の周期があり、授乳中でも医薬品を服用することが必要になります。

▼こちらのサイト様にも詳しく書いてあります。
リレンザ